ホントにいいものですよねっ!

落ち込んでいた僕を癒してくれた九州女

失恋、仕事での失敗、人間関係でのトラブル、その時の僕は色んな問題やストレスを抱えており、いつ気持ちが爆発するか…自分でも分からない状況だったんです。これではマズイ、自分が壊れる…と思い、仕事もしばらく休職して、誰にも告げず九州へと旅行へ行く事にしたんです。九州を選んだのに特に訳は無く、ただ地元から遠く離れた場所でリフレッシュしたいという一心でした。毎日をダラダラ過ごし、最初の内は楽しかったけど段々飽きてしまったので、なんとなくデリヘルを呼んでみる事にしたんですよ。風俗は何回か利用はした事あったけど、あまり好きでは無かったんです。ただ…その時の自分は人肌が恋しかったのでしょうね。風俗を利用する事に何の抵抗も無かったんです。呼んだデリヘル嬢と他愛もない話をして、良い雰囲気になり、イザ…!という時に、何故だか急に虚無感?みたいな感覚に襲われてしまい、いきなり涙が溢れて止まらなくなってしまったんですよ。その姿を見て嬢も驚いていたけど、そっと隣に座ってくれて、自分が泣き止むまで黙って背中を撫でたり、頭をなでたりして、ずっと側に寄り添ってくれたんです。特に言葉を掛けられる事は無かったけど、泣き止んだ後は普通に接してくれて、それが逆に嬉しかったです。その後は特別な事なんて何もしなかったけど、あの時の嬢がただ黙って側に居てくれた事、それがただ嬉しかったですね。お陰で色んな気持ちが吹っ切れて、晴れ晴れとした気持ちで九州を後にする事が出来ました。

九州で素敵な思い出が出来た

九州に住んでいた時の話です。最近仕事の都合で地元を離れたのですが、長年過ごして来た土地を離れるのはとても悲しい事でした。新しい職場や住む土地への希望と不安など…様々な気持ちを持っていました。引っ越し1ヶ月前に荷造り期間としてまとまった休みを貰う事が出来たので、部屋を整理したりしながら、地元で過ごす最後の時間だから…と親しい友人と飲み歩いたり、お気に入りの風俗店へ行ったりして、最後の時間をたっぷりと楽しんでいたんです。その日は友達との予定も無く、ソープでも行くかな…という気持ちで適当にお店を選んだのですが、そこで出会った子に一目惚れしてしまったんですよ。可愛らしくて上品な雰囲気と、話し上手な彼女に惹かれるまで長い時間は必要なかったかのように思います。その後は引っ越し当日まで、ずーっと彼女の勤めるお店へと足を運んでいました。彼女も僕の引っ越しを心から悲しんでくれている様で、お陰でこっちまでホロっと泣きそうな気持ちに…。最後の最後に、例え風俗嬢であったとしても…九州でとても素敵な女性と出会えた事を、嬉しく思っています。長期休暇などは九州に戻るつもりでいますので、その時は一番最初に彼女に会いに行きたいと思っているんですよ。

PAGE TOP